船橋市交通事故治療ブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

内側々副靱体損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)について|船橋市

こんにちは!船橋市交通事故治療.netです。
今日は交通事故での脚のケガの1つ「内側々副靱体損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)」
MCL(エムシーエル)とも呼ばれる靭体の損傷についてお話いたします。

内側々副靱体損傷(MCL)はだいたいこつ(大腿骨)と呼ばれる太ももの骨と、すねの骨、脛骨(けいこつ)を結んでいる靭体で、膝を支えている靱体の中でも、大切な靱体の1つです。
膝を安定させ、外側にそり過ぎないように支える役割を持っていますが
「内側々副靱体損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)」と呼ばれるケガの多くは、
主に膝の外側から力が加わったり、ひねってしまうことで起こります。

交通事故での症状「むちうち」による首の痛み、動かしずらい、吐き気やめまい、頭痛等の症状は広く知られていますが、実はこのような脚のケガも多いのです。 その脚のケガの1つが、この「内側々副靱体損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう」という症状です。

内側々副靱体損傷の治療は、「症状の度合いによっても異なります」が、
半板板損傷や、他の靱帯に損傷を伴っていなければ
RICE処置をおこなってから(Rest=安静 Ice=アイス Compression=圧迫 Elevation=挙上)
「保存療法」と呼ばれる手術をおこなわずに、可動域訓練などの治療をしていくことが多い損傷部位です。
※他の靱帯や半月版損傷を伴わなければ、鍼療法や、マッサージなどの療法をおこなっていきます。

船橋市交通事故治療.netでは、
交通事故による「内側々副靱体損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)」などの脚のケガのご相談も承っております。
また複雑な、保険のお手続きに関してもご相談下さい。
交通事故専門スタッフが、ご対応いたします。


船橋市交通事故治療・ご相談専門ダイヤル
0120-934-799(9:00~18:00)
船橋市にある店舗のご案内
TOPへ戻る

メディア紹介

ひよこクラブ

「産後骨盤矯正」が得意な当グループの記事が掲載されました。


交通事故対応マニュアル

全国の整骨院で交通事故優良実施院として43000院を抑え選ばれた47院!


週刊文春

交通事故治療において「優良施術院」に選ばれ記事が掲載されました。

船橋市整骨院.com
船橋市整骨院.com